What really happened to the Library of Alexandria? - Elizabeth Cox

What really happened to the Library of Alexandria? - Elizabeth Cox

SUBTITLE'S INFO:

Language: Japanese

Type: Robot

Number of phrases: 88

Number of words: 153

Number of symbols: 1791

DOWNLOAD SUBTITLES:

DOWNLOAD AUDIO AND VIDEO:

SUBTITLES:

Subtitles generated by robot
00:00
翻訳: Sakura Takashima 校正: Tomoyuki Suzuki 2300年前 アレクサンドリアの支配者は 行動を開始しました 人類の最も大胆な目標の一つ 世界のあらゆる知識をひとつの建物に 集めようというものです 最盛期には アレクサンドリア図書館は 前代未聞の数の本を所蔵しており 世界最高レベルにある ギリシア人の学者たちを惹きつけました しかし5世紀の終わりまでには この偉大な図書館は消えてしまいました 大規模な火災が原因だと 信じられていましたが この図書館の盛衰の真実は もっと複雑です 建設を思いついたのは アレクサンダー大王です 征服者として名を轟かせたあと アリストテレスの教え子である彼は 自分の名のついた都市を 知識の都にすることに目を向けました 彼は建設が始まる前に亡くなりましたが 後継者のプトレマイオス1世が アレクサンダー大王の計画のうち 博物館と図書館の建設を実行に移しました
01:01
都市のなかの王家の区画にあった アレクサンドリア図書館には 壮大なヘレニズム式の柱があったのか エジプト文化の影響があったのか あるいは両文化が混在していたのか その外観は今となってはわかりませんが 講義室や教室 そしてもちろん 本棚があったことは確かです 建物が完成するとすぐに プトレマイオス1世は主にギリシャと エジプトの巻物を納めはじめました 私費を投じて 学者たちを アレクサンドリアに招き研究をさせました 学者たち自身の原稿によって 図書館は拡大してきましたが アレキサンドリアの支配者たちは なおも世界中の書物の写本を求めました アレクサンドリアは地中海を航行する 船にとってのハブ港でした プトレマイオス3世は 停泊する全ての船に 複写のため書物を差し出すよう 命じました 図書館専属の書記が書物を写すと 原本を収め 複製品を船に戻しました また 新しい文書を探すために人を雇い
02:02
地中海周辺地域を 探し回らせました アレクサンドリアの支配者たちは ライバルの真似を防ぐために 巻物に用いるエジプト産の パピルス紙の輸出を止めさせました 努力は重なり 図書館には 何十万冊もの本が集まりました 図書館が大きくなるにつれて かつてないほど多くの分野の情報が 得られるようになりました しかし知りたい情報を見つけ出すのは どんどん難しくなりました キュレネのカリマクスという学者が 解決策に着手しました ピナケスという 120巻からなる蔵書目録を 作ることです これは初めての試みでした ピナケスのおかげで 人々は増え続ける蔵書の在処を 把握できるようになりました そして驚くべきことが発見されました コロンブスが航海をする1600年前に エラトステネスは 地球が丸いことに気が付いただけでなく その周長と直径を計算しました その誤差は数キロ程度です アレクサンドリアのヘロンは世界初の 蒸気機関をつくりました それは産業革命によって
03:03
ようやく再発明されるよりも 1千年以上も前のことです 紀元前283年の創立から 約300年間 図書館は繁栄しました しかし紀元前48年  カエサルがアレクサンドリアを包囲し 湾内の船に火を放ちました 長い間 識者の間では 図書館は火事で 焼失したのだと信じられていました 確かに拡大していく蔵書の一部は 燃滅したかもしれませんが 古代文書から 学者たちがその後も長く図書館を 訪れていたことがわかっています それも この都市の変遷とともに 徐々に消えていきました ギリシアからローマ キリスト教徒 そしてムスリムの手に 渡っていったのです 支配者が変わるたびに 彼らは蔵書を誇りというよりも 脅威とみなしました 415年に キリスト教徒の支配者は 数学者ヒュパティアを 図書館の古代ギリシャの文書を 研究したとして殺害しました その文書が冒涜的だと みなされたからです アレクサンドリア図書館とその蔵書は とうの昔に消えてしまいましたが
04:06
人類は今も最善の方法で 知識を集め 使い 保存することに取り組んでいます 現代は情報量が増え その保存技術もはるかに発達していますが 果たして 今のデジタル文書は アレクサンドリアの インクと紙の巻物よりも長持ちするでしょうか 蓄積した知識が 物理的には安全だとしても 私たちはデジタル書庫を 破壊しようとする 油断ならぬ力に 抵抗しなければなりません それは知識への恐れや 過去を省みない横柄な態度です 過去との違いは 現代の私たちは 対処の仕方を知っているということです

DOWNLOAD SUBTITLES: