Suez Crisis Part 1 of 2

Suez Crisis Part 1 of 2

SUBTITLE'S INFO:

Language: Japanese

Type: Robot

Number of phrases: 114

Number of words: 220

Number of symbols: 3315

DOWNLOAD SUBTITLES:

DOWNLOAD AUDIO AND VIDEO:

SUBTITLES:

Subtitles generated by robot
00:02
1956年 エジプトのスエズ運河をめぐる対立は 国際的危機と戦争へと発展した 斜陽の宗主国イギリスとフランスは エジプトには簡単に勝利できると考えていた しかし 屈辱的な撤退を余儀なくされ 新たな超大国がその力を見せつけた それはヨーロッパ帝国主義時代の終焉と 新しい国際秩序の誕生を告げる鐘であった 今日では余り知られていない出来事だが 56年のこの事件はイギリスとフランス アラブ世界、イスラエル、そしてアメリカに 多大な影響を及ぼした これは その後数十年の世界情勢を決定した スエズ危機の物語である 1.『大英帝国の背骨』(ドイツ首相ビスマルク) 1869年 スエズ運河の開通により 世界の交通路は変貌した
01:30
エジプトの砂漠を100マイルに渡って貫く この人工の水路は― ヨーロッパからアジアへの航路を5000マイル 短縮し アフリカを廻る必要が無くなった 工事はフランスの外交官 フェルディナン・ド・レセップスが監督し 10年の歳月と数千人の エジプト人労働者の命を犠牲にした 運河を経営するスエズ運河会社は 株主が所有する民間企業であった 株主にはエジプト総督イスマイル・パシャの他に フランス、オーストリア、ロシアの投資家も含まれた 1875年 総督は多額の負債返済のため 運河会社の株44%を英国政府に売却する 世界最強の帝国と海軍を持つ英国は当初 スエズ運河を潜在的な脅威と考えていた しかしすぐに運河の恩恵を最も受けるようになる 運河を利用する船舶の8割が英国船であり 東洋の大英帝国植民地と―
02:49
「王冠の宝石」インドに通じる生命線となった そのため運河の支配とエジプトの安全保障が 英国の戦略上重要な関心事となった 1882年 ヨーロッパの干渉に対する エジプト人の不満が革命へと発展 アフマド・オラービー大佐が主導した 英国は軍を派遣して武力介入する 「ウラービー革命」(1882年) エジプト軍は敗北した 以後60年間 エジプトは事実上 イギリスの保護国となる スエズ運河の支配は 二度の世界大戦で イギリスに多大な戦略的優位をもたらした しかし第二次大戦後 大英帝国は衰退しつつあった インド、パキスタン、ビルマが独立 マレー、ケニア、キプロスでは 英国支配に対する叛乱が起きていた エジプトは1922年に独立していたが―
04:10
イギリスは引き続き軍を駐留させ 国政に大きな影響を与えていた 1947年 英軍は撤退するが スエズ運河地帯に居座った エジプトのファルーク国王が結んだ 1956年まで 英軍のスエズ駐留を認める協定に基づいていた 「アングロ・エジプト条約」(1936年) しかしエジプト国民は国王に反発し始める ユダヤ国家イスラエルの建国を阻止できず 第一次中東戦争に敗北したことで批判が噴出していた そして英軍の駐留を許していることについても 不満がたまっていた 運河地帯の中では英国の軍人や民間人が 地元の人間から襲撃を受け始める 暴動や放火 銃撃戦まで起こり、 英軍は戒厳令を敷いた 1952年 エジプト陸軍士官の組織 「自由将校団」が決起する
05:23
軍事クーデターによって政権を奪取した 「エジプト革命」(1952年) ファルーク国王は退位させられ、 亡命先のイタリアで優雅に暮らした 翌年 エジプトは共和国となった ガマール・アブドゥル・ナセル大佐が エジプトの新大統領に就任する カリスマ的なアラブ主義者であり エジプトを 外国の干渉から解放すると決意していた 2.『ナセルは最後まで東西から漁夫の利を得ていた』 (イブリン・シャックバラ英首相秘書官) 1950年代 アメリカと西側は ソ連と冷戦状態にあった 「鉄のカーテン」がヨーロッパを 共産主義の東側と資本主義の西側に分断していた 両陣営は同盟国の獲得と敵側の妨害工作を 世界中で行なった エジプトはアラブ国家の中では最大最強であり 東西どちらにとっても重要な価値があった しかしナセル大統領はどちらになびくのだろうか?
06:43
アメリカ大統領ドワイト・D・アイゼンハワーは ナセルを味方に引き入れようとした しかしナセルの要求した兵器輸出に応じられなかった アメリカに支持者が多くいるイスラエルに向けて 使われることは明白だったためだ 代わりに米英はアスワンダム建設の 資金援助を申し出る ナセルのエジプト経済近代化政策の中核だった さらにイギリスは1956年6月までに スエズ運河から軍を撤収することに同意した しかしその頃 イスラエルと周辺国の対立が激化し イスラエル軍がエジプト支配下のガザを攻撃する 38名のエジプト軍兵士が殺害された このガザ襲撃でナセルはエジプト軍の近代化が 急務だと感じるようになった アメリカが助けないならと ナセルはソ連側に接近した 共産圏のチェコスロヴァキアから 戦車と航空機を大量に購入する
07:56
この取引はアラブ世界で大きく歓迎された さらにナセルは共産中国と国交を結び アメリカの怒りを買う ナセルとの同盟策は アイゼンハワーの頭痛の種となり 米英はアスワンダムへの資金援助を停止した この行動はイギリスもアメリカも予想しなかった 深刻な影響を世界に与えることになる 3.『今夜からエジプトの運河は エジプト人が運営する!』(ナセル大統領) 1956年7月26日 ナセルの宣言が 世界に大きな衝撃を走らせた エジプトによるスエズ運河会社国有化である 「我々が自らの命と、髑髏と、骨と、 血で運河を造ったのだ」 「収益は我々のものだ。 スエズ運河は我々が経営する」 「アスワンダムは我々の手で建設する」
09:18
英米がダム建設に出資しないのなら ナセルはスエズ運河の収益を使うつもりでいた ナセルの演説はエジプト国民から熱狂的に支持された ナセルの行動は完全に合法だった 会社の株主は公正な価格で買収されていた だが彼の決断は国際的危機と戦争 新たな勢力均衡の時代の始まりとなった イギリス首相アンソニー・イーデンは イギリスの国益への攻撃だと憤慨した 1年に1万5千隻がスエズ運河を通過している そして英国経済に欠かせない資源を 中東から運んでいた 「……現在、我が国の工業のみならず、西ヨーロッパ、 スカンディナビア諸国、
10:29
その他多くの国々に不可欠な石油の半分が 運河を通っています」 「これは私達全員の生死に関わる問題です」 ナセルは イーデン曰く「我々の喉元を締めている」 イーデンは1930年代から第二次大戦まで 外務大臣を務めていた頃 平和のために独裁者の要求に応じる 「宥和政策」への反対論者として有名だった しかし今 体調不良と疲れきった神経が 彼の判断力を曇らせた イーデンは ナセルはヒトラーや ムッソリーニの再来であり イギリスが倒すべきアラブの独裁者だと思い込んだ このエジプト大統領を 排除せねばはならないと決心した フランス首相ギー・モレもイーデンの考えに賛成した モレにはナセルを倒したい理由がもう1つあった フランスはアルジェリアで ナセルの支援を受けた 独立勢力と凄惨な戦争を繰り広げていた
11:48
こうして英仏は極秘に軍事作戦の計画を始める スエズ運河の支配権を奪い ナセルを失脚させ 大国の威信を取り戻すことを目論んだ 56年夏 アメリカの圧力を受けたイーデンは 国際会議を開催する 平和的解決に向けた最後の試みだった 「スエズ会議の初日、ロンドンの ランカスター・ハウスには群衆が集まりました」 「22カ国が出席し、エジプトとギリシャだけが この重要な会議を欠席しました」 22カ国中18カ国が スエズ運河を国際共同管理に 戻すべきという英仏の主張に賛同した ナセル大統領はこの案を明確に拒否した アメリカ国務長官ジョン・フォスター・ダレスは 英国政府に対し この状況でもアメリカはエジプト攻撃を 支持しないと通達した ダレスは ナセルへの軍事攻撃によって アラブ世界全体がソ連側に流れる可能性を恐れていた
13:11
また、アイゼンハワー大統領は二期目を目指して 選挙運動中であり 混乱は避けたかった イーデンはアメリカの警告を無視し 命運は決した 英仏はすでに戦争への道を選んでいた パトロンになって頂くと、新着動画の早期アクセスや 次回テーマへの投票権などの特典が得られます どのような援助でも当チャンネルの 歴史動画製作の大きな助けになります ご視聴ありがとうございました

DOWNLOAD SUBTITLES: