Starsector Review | Explore the Cosmos™ | Ruin Everything™

Starsector Review | Explore the Cosmos™ | Ruin Everything™

SUBTITLE'S INFO:

Language: Japanese

Type: Robot

Number of phrases: 277

Number of words: 596

Number of symbols: 10014

DOWNLOAD SUBTITLES:

DOWNLOAD AUDIO AND VIDEO:

SUBTITLES:

Subtitles generated by robot
00:01
やぁやぁみんな、こちらはSsethです。 StarSector©™ はヘロインと違法な腎臓を ブラックマーケットで売りさばく、 オープンワールド宇宙ストラテジーゲームだ。 窮状、無秩序、政治的不安を利用して金を儲け、 宇宙の深部で輸送船団を待ち伏せする…… ……ただ、惑星が大混乱に陥るのを見るために。 私はこのゲームを数年に渡って断続的に 遊び続けているが、このゲームは凄い。 しかし、このゲームが話題に上っているのを 私は未だに見たことがない。 StarSectorは4人のメンバーによる一大プロジェクトであり、アップデートは今年で9年目に突入した。 メンバーそれぞれが最終目標 「命ある銀河のシミュレート」に向かって 歩を進めている。 ストーリー! オーケー、知りたい奴なんて居ないだろうから さっさと説明していこう。 オーケー、知りたい奴なんて居ないだろうから さっさと説明していこう。 それでだ、StarSector™の世界では 人類が超光速航法を発見した。 銀河系を渡る唯一の方法として、 Mass Effectのマスリレイっぽい移動門を使い、 何百の銀河、何千もの星を植民地化した…… 銀河系を渡る唯一の方法として、 Mass Effectのマスリレイっぽい移動門を使い、 何百の銀河、何千もの星を植民地化した…… ……なぜか、システムが急に全て 使えなくなってしまうまでは。 人類はそれ以上、 社会を広げることができなくなった。
01:05
……なぜか、システムが急に全て 使えなくなってしまうまでは。 人類はそれ以上、 社会を広げることができなくなった。 人類が繁栄した「ドメイン時代」の 終わりを告げる標として、 この出来事は「崩壊」と呼ばれている。 そして物語は「崩壊」より206年後の、 隔絶された銀河から始まる。 人間性や思いやりの代わりに、 野心、紛争、必死さが跋扈し、 未来は暗く、どんな明日が 待ち受けているか分からない。 ようこそStarSector™の世界、 ―基本的に、全てクソったれの世界へ。 Dark Agesの宇宙版みたいなものだけど、 それでもメチャ面白い。 この宇宙では、主に著作権管理法のせいで、 全ての人々がモノの作り方を忘れてしまっている。 冗談抜きで、ゲーム上そうなった理由がある。 全企業が設計チップにコピープロテクトを かけているので、正規の方法では 新しい船や機械を作ることができないのだ。 全企業が設計チップにコピープロテクトを かけているので、正規の方法では 新しい船や機械を作ることができないのだ。 とにかく、混乱を経て 誰もがそれぞれの派閥へと別れ、 お互いに優位を主張し合っている。 とにかく、混乱を経て 誰もがそれぞれの派閥へと別れ、 お互いに優位を主張し合っている。 しかし結局のところは、いずれの勢力も 他勢力を排除し宇宙を統一するだけの力を 握ることできない。 ……君という存在を抜きにしては。 しかし結局のところは、いずれの勢力も 他勢力を排除し宇宙を統一するだけの力を 握ることできない。 ……君という存在を抜きにしては。
02:05
宇宙のサンドボックスへと放り込まれた君は、 小さな艦隊のパイロットとしてゲームを開始する。 艦隊の規模は重要じゃない。 と言えども、時と経験を積み高度な技術を覚えれば 君はセクターを統括する立場へ のし上がるかもしれない。 艦隊の規模は重要じゃない。 と言えども、時と経験を積み高度な技術を覚えれば 君はセクターを統括する立場へ のし上がるかもしれない。 艦隊の規模は重要じゃない。 と言えども、時と経験を積み高度な技術を覚えれば 君はセクターを統括する立場へ のし上がるかもしれない。 ……あるいは石器時代に逆戻りか。 ……あるいは石器時代に逆戻りか。 派閥はいずれも個性的な目的を持っており、 基本的に親切に努めている。 それぞれの目的について、 順不同で紹介していく。 それぞれの目的について、 順不同で紹介していく。 「The Hegemony(覇権)」はドメイン時代の残滓である 法と秩序を再び結集しようとしている。 「The Persean League(パーシアン連盟)」は「性交税」を提唱してHegemonyから脱退した派閥。 「The Sindrian Diktat(シンドリアンディクタット)」は 軍事独裁政権で、ここもまた 「性交税」を提唱してHegemonyから脱退した。 トライ-タキォォォォォォン コーポレーション トライ-タキォォォォォォン コーポレーション 無規制AI技術の開拓を担当するメガコーポで、 自社が未着手な技術の研究開発で 利益を上げることを目的としている。 無規制AI技術の開拓を担当するメガコーポで、 自社が未着手な技術の研究開発で 利益を上げることを目的としている。 一方「Luddic Church(ラディック教会)」は 亜人の集まりであり、 「崩壊」は星を弄んだ人類への神の裁きであり、 人工頭脳は電子の悪魔と信じている。
03:10
どちらかと言えば「穏健派」と呼ばれる集団だ。 そして「Luddic Path(ラディックの道)」。 原理主義の分派で、宇宙聖戦士の集団。 彼らは人間の技術的傲慢に対する答えが、 テロ活動であると信じている。 誰もがLuddic Pathを嫌い、 Luddic Pathは誰もを嫌う。 そして最後に海賊。 文字通りの連中で、彼らの行動理念は一貫している…… 「俺たちが欲しがる物を持ってるから殺す。 持ってなくても殺す」 以上の各派閥と君がどう関わるか、 どう対応していくかにより、銀河の運命が下される。 とにかく、ゲームプレイについて! 全てがぶっ壊せて、テンションが上がる! でもまずは何よりも、利益を上げなければならない。 StarSectorは殆どの場合、全てがお金 つまり「クレジット」を中心に展開する。 クレジットは宇宙ビットコイン™のようなもので、 宇宙中で広く受け入れられている。 ゲーム時間の殆どは、現実と同じように、 できるだけ多くの金を稼ぐことに費やされる。 私がこのゲームを愛する理由が分かっただろう。 私の(ユダヤの)血が騒ぐのだ。 初期の艦隊はとても小さい。 殆どの敵と戦うことはできないが、 とても素早く、燃費良く逃げ回れる。
04:15
目的の星へ近づくため、星間移動の唯一の手段として ハイパースペースへ飛び込み何平方トンもの 反物質燃料を消費する、それがStarSectorだ。 目的の星へ近づくため、星間移動の唯一の手段として ハイパースペースへ飛び込み何平方トンもの 反物質燃料を消費する、それがStarSectorだ。 だから艦隊のサイズと構成は 燃料費の上で重要となる。 宇宙のど真ん中で燃料が無くならないよう 祈りながら、常に燃料タンクを監視する必要がある。 もし燃料が無くなったら、 艦隊は最寄りの重力に吸い寄せられる。 運が悪ければ赤色矮星かも、 もっと運が悪けりゃブラックホールかも。 だから最初は惑星調査、 及び探査契約をすることをお勧めする。 これらの仕事は投資をあまり必要としない。 ……忍耐力と鋼の精神が必要ではあるが。 宇宙を旅していると時々、 遭難信号を受け取ることもある。 あー、無視しよう。 ただ、無視してくれ。 契約は各派閥、企業、惑星の管理者たちから、 情報用周波数によって依頼される。 通信は移動中にリアルタイムで行われるため、 最も近い情報中継機までの距離によって、 契約についてどれだけ早く聞けるかが決まる。 通信は移動中にリアルタイムで行われるため、 最も近い情報中継機までの距離によって、 契約についてどれだけ早く聞けるかが決まる。
05:17
大抵の場合、契約は迅速に行う必要がある。 宇宙は込み合っており、契約が取り下げられたり、 他の誰かに取られたりが、急に起こり得るからだ。 手持ちに余裕があれば、 自身自身の船に費やすこともできる。 言っておくが、選べる船の種類は多く、 役割、スペック、船体サイズなどが異なる。 言っておくが、選べる船の種類は多く、 役割、スペック、船体サイズなどが異なる。 最も小さいフリゲート艦から、画面の大半を占めるキャピタル級の船に及ぶまで様々だ。 それだけじゃない。 それぞれの船は改造したり、外装を施したり、 マウントのサイズと種類に応じて 武器を装備することができる。 イカれた組み合わせも沢山ある。 船体を大幅に改造して、船の性質を 全く別なものにしてしまうことすらできる。 イカれた組み合わせも沢山ある。 船体を大幅に改造して、船の性質を 全く別なものにしてしまうことすらできる。 例えば、巡洋艦を一時しのぎの 輸送艦にすることもできる。 貨物室に改造を加えて、 戦闘機部隊を収容させることもできる。 また一部の派閥は独自の改造を考案している。 海賊は上級の装備を持っていないため、 在り合わせの物を使って間に合わせる。 海賊のキャピタル級シップは、 盗んだ貨物船をバラバラに解体し、 大量の銃を搭載して一つに繋ぎ直したものだ。 海賊のキャピタル級シップは、 盗んだ貨物船をバラバラに解体し、 大量の銃を搭載して一つに繋ぎ直したものだ。
06:21
Luddic Pathの信者たちはDYI哲学に従って 船を改造するが、彼らは帰りの事を考えていない。 彼らは、鹵獲した燃料補給船の安全装置を外し、 船を巨大な衝突角へと変えた。 火に包まれながら全速力で突っ込んでくるこの船は 君に絶対的な恐怖を与える事だろう。 カスタマイズの量は凄まじく、 艦隊のあらゆる船に対してこれを行うことができる。 戦闘は自動で行われ、 艦隊は可能な限り指示に従って動く。 実際のところ、彼らはよく戦ってくれる。 ……攻撃は最大の防御と考える「向こう見ず」な将校が 特攻を仕掛けるまでは。 実際のところ、彼らはよく戦ってくれる。 ……攻撃は最大の防御と考える「向こう見ず」な将校が 特攻を仕掛けるまでは。 一方で、艦隊の旗艦は君が直接操縦する。 操縦に慣れるまでは時間がかかる事だろう。 一方で、艦隊の旗艦は君が直接操縦する。 操縦に慣れるまでは時間がかかる事だろう。 全ての船は発砲、もしくは被弾の度に 「フラックス」が溜まる。 フラックスによるシステムのオーバーロードを 防ぐために、フラックス量に目を配り、 宇宙空間に排出しなければならない。 ……それは敵も同じ事。 フラックスによるシステムのオーバーロードを 防ぐために、フラックス量に目を配り、 宇宙空間に排出しなければならない。 ……それは敵も同じ事。 「取り入れる要素がまだ足りない」とでも言うのか、 全ての船にはそれぞれ固有の特殊化が存在する。 「取り入れる要素がまだ足りない」とでも言うのか、 全ての船にはそれぞれ固有の特殊化が存在する。 例えばフェーズ級の船はシールドを使えない 代わりに、時間の流れが速い別次元に移動できる。
07:24
例えばフェーズ級の船はシールドを使えない 代わりに、時間の流れが速い別次元に移動できる。 これを私のお気に入りの船、 StarSector版キラー・クイーンと組み合わせることで、 これを私のお気に入りの船、 StarSector版キラー・クイーンと組み合わせることで、 別次元に隠れながら あらゆるものを爆弾に変える船が完成する。 もう説明は要らないよな? もう説明は要らないよな? とにかくうまいこといった。 とにかくうまいこといった。 コツを掴めば戦闘は素晴らしいものになる。 また同時に、ゲーム内で最も困難かつ 満足できる要素である。 幸運なことに、全ての惑星基地は設計テストの為に 戦闘シミュレータを提供しており、 資金の心配をせずに戦闘を楽しめる。 ただし、そこまで到達するには大量の資金が 必要であり、そのためにはゲーム内の経済に 沿って仕事をする必要がある。 そう、このゲームの経済は リアルタイムで完全にシミュレートされている。 全ての植民地にはそれぞれ異なる 資源の需要と供給があり、 機能維持のために安定した物流を欲する。 全ての植民地にはそれぞれ異なる 資源の需要と供給があり、 機能維持のために安定した物流を欲する。 需要がある資源はその植民地の産業によって決まる。 例えば、鉱業の場合。 鉱業はとても陰鬱なので、 鉱山労働者は苦痛を麻痺させるために 大量のヘロインを消費する。 鉱業はとても陰鬱なので、 鉱山労働者は苦痛を麻痺させるために 大量のヘロインを消費する。
08:28
麻薬の密輸量が不足している場合、 鉱業植民地の生産量は停滞する。 ゲーム内のマーケットに入る度に、 消費者、生産者、市場シェア、セクター間の相対価格 などの市場データを見ることができる。 ゲーム内のマーケットに入る度に、 消費者、生産者、市場シェア、セクター間の相対価格 などの市場データを見ることができる。 ゲーム内のマーケットに入る度に、 消費者、生産者、市場シェア、セクター間の相対価格 などの市場データを見ることができる。 しかし利益を上げるのは簡単なことではない。 公式市場は30%という凄まじい貿易関税が 課されるため、利益はあっという間に無くなる。 だから、公式市場で取引はしない。 ブラックマーケットに行こう! 星から星へと密輸を行えば、 税金は一円も払わずに済む! 更に、禁輸品を扱うこともできる。 戦闘用メカ、AIコア、臓器、 考え得る全てのドラッグなどをだ。 更に、禁輸品を扱うこともできる。 戦闘用メカ、AIコア、臓器、 考え得る全てのドラッグなどをだ。 けれども、密輸業者も楽じゃない。 密輸をし過ぎると疑惑レベルが上昇し、パトロールの艦隊から職務調査を受ける可能性が高くなる。 けれども、密輸業者も楽じゃない。 密輸をし過ぎると疑惑レベルが上昇し、パトロールの艦隊から職務調査を受ける可能性が高くなる。 時には何も見つからず済むだろうが、 時にパトロールは禁輸品を発見し、 それらを全て破壊し、艦隊の評判を落とすだろう。 時には何も見つからず済むだろうが、 時にパトロールは禁輸品を発見し、 それらを全て破壊し、艦隊の評判を落とすだろう。 私はこのゲームに驚かされた瞬間を 今でも思えている。
09:29
その時、私はパトロールに 呼び止められようとしていた。 そこで思った 「なぁ、積み荷のドラッグを全て宇宙空間に 放出してはどうだろう」 そして取り調べを受けたのだが、 期待通り、何も見つからなかった。 そして取り調べを受けたのだが、 期待通り、何も見つからなかった。 そこでパトロールが言った 「なぁ、君らはシロだ。ところで、我々は この近くに浮いていた貨物ポッドをスキャンした」 「中身は何だったと思う?違法な品がぎっしりさ。 でも、これは君たちの物じゃないだろ? それなら我々が没収して破壊しておくよ。」 このゲームはあらゆることが考えられている。 ので、効率的な密輸の為に、航行ツールを使ったちょっとした小技をお教えしよう。 このゲームはあらゆることが考えられている。 ので、効率的な密輸の為に、航行ツールを使ったちょっとした小技をお教えしよう。 #1: 文明化された宙域では 通信機の電源を切ってはならない。 通信機は艦隊のIDであり、切るのは違法だからだ。 しかし、通信機の電源を入れたままでは、 裏の仕事がバレバレだ。 艦隊の検知範囲は周囲の状況による。 小惑星帯は隠れるのに最適の場所だ。 中に入ったら、通信機を切り「暗く」する。 小惑星帯は隠れるのに最適の場所だ。 中に入ったら、通信機を切り「暗く」する。 「暗く」とはエンジンを最小出力で 稼働させることを意味し、 赤外線信号の減少によって検知され辛くなる。
10:32
これを利用して静かに惑星に接近し 匿名で仕事を行うことで、 当局は我々を追跡することができなくなる。 #2: パトロールと鉢合わせたり、見つかった場合は、 緊急燃焼を使って逃れてみよう。 パトロールに近づかれすぎると、 阻止装置を撃たれてしばらく使用できなくなるぞ。 そうなったらもうおしまいだ。 しかし、それでもまだ奥の手がある…… そうなったらもうおしまいだ。 しかし、それでもまだ奥の手がある…… #3: 並行次元跳躍。 艦隊司令官として習得可能な最も重要なスキルで、 ジャンプポイントを使わなくても、 ハイパースペース空間に入ることができる。 #3: 並行次元跳躍。 艦隊司令官として習得可能な最も重要なスキルで、 ジャンプポイントを使わなくても、 ハイパースペース空間に入ることができる。 非常に違法だし、チャージに時間がかかるが、 追いつかれる前にドヤ顔で逃げることができるぞ。 非常に違法だし、チャージに時間がかかるが、 追いつかれる前にドヤ顔で逃げることができるぞ。 非常に違法だし、チャージに時間がかかるが、 追いつかれる前にドヤ顔で逃げることができるぞ。 これらのツールを利用すれば、 すぐに大金を稼ぐことができるだろう。 定期的な密輸はもちろん素晴らしい稼ぎになるが、 巨額の利益は通商契約から得られる。 多くの場合、定刻通りの納品に対しては、市場価値の何倍もの料金が支払われるからだ。 または、毎日の終わりにバーをぶらついてもいい。 人間同士の仕事の売り込みには、 やはり酒が一番なのだ。 このゲームは継続的経営、計画、計算のゲームだが、
11:35
時に、計画通り物事が進まなかったり、 想定外の要因によって振り回されることもある。 一方で、これらはまた利益の為に 利用することもできる。 星系が海賊の標的になったとしよう。 密輸がはびこり、輸送船団が行方不明となっている。 これはひどい。 一方で、これはまた利益にもなる。 これはひどい。 一方で、これはまたひどく利益にもなる。 星系がより必死になるほど、その輸出品は安くなり、 市場を安定化させるためにも、 輸入品に高い金を出すようになる。 星系がより必死になるほど、その輸出品は安くなり、 市場を安定化させるためにも、 輸入品に高い金を出すようになる。 もう一歩先を行ってみよう。 貿易黒字を利用して、余剰武器を買い取り、 海賊に横流ししてはどうだろう? 貿易黒字を利用して、余剰武器を買い取り、 海賊に横流ししてはどうだろう? 海賊は良い交易ルートを持っていないので、 兵力やメカ、麻薬に対して喜んで金を払うだろう。 結局のところ、戦争や紛争はただのビジネスだ。 このゲームでは、日和見的な実用主義と違い、 道徳は顧みられない。 仕事仲間の海賊と関係が悪化したり、 利益が上がらなくなったのなら、 その海賊の懸賞金契約を他の派閥と結び、 彼らの基地を吹き飛ばして、 より多くの報酬と懸賞金を得よう。
12:38
やがて船団は名高い英雄として凱旋し、 取るに足らない役人に邪魔される事はなくなる。 「お前は密輸業者で違法な事をしているが、 我々を助けてもくれた。 だから、今回は見逃しておこう」 Luddic Pathについても同じことが言える。 過激派宇宙テロリストへの武器提供が どれほどの利益を生むか、皆知りっこない。 このゲームは素晴らしい。 そして最新のアップデートにより、 富と力の更に先を行くことができる。 更に遠くのセクターの探索を 始めてみるのはどうだろう? そこは主に岩と、自然なあるいは人口の 宇宙的恐怖で溢れている。 中性子星、ブラックホール、更に悪い事に しかしそんな混沌の中、 君はどこかで幸運を掴むかもしれない。 地球によく似た、良い惑星を見つけるかもしれない。 遠征を送って調査を開始し、 とても良い惑星だと判明するだろう。 そしたら、植民地化しよう! 君自身の派閥、君自身の植民地を始めよう。
13:42
植民地に資源を投資し、人を集め、 人口を増やせ。 巨大蓄電施設、衛星軌道戦闘基地を建造し、 パトロールをして領域を保護するのだ。 拡大だ。 劇的に拡大だ。 基地から海港の知らせが届いたなら、 君自身のブラックマーケットを開いて利益を上げろ。 基地から海港の知らせが届いたなら、 君自身のブラックマーケットを開いて利益を上げろ。 臓器採取指令を出し、他派閥が羨望するほどに、 闇臓器市場のシェアを獲得するのだ。 奴らは役所仕事や官僚主義、貿易混乱をもって 君を裏切り、進出を阻んでくる。 指揮官に賄賂を渡して計画を潰すのだ。 産業大国になれ。 繁栄しすぎて海賊に狙われろ。 「産業的すぎると」いう理由で 宇宙ジハードの標的にされろ。 「人間ならざるものに運営されている」という理由で Hegemonyの攻撃対象にされろ。 いや、君の植民地は最初からずっと アルファコアが運営していたよ。 人類の意思決定力が霞むほど賢い人工知能だ。 StarSectorではAIの使用は完全な違法行為であり、 アルファ級AIは最高レベルの重犯罪である。 StarSectorではAIの使用は完全な違法行為であり、 アルファ級AIは最高レベルの重犯罪である。
14:46
でも大丈夫、賄賂を払い続ける限り 軍は手を出せないから。 やがて、そこまでしてAIを使い続ける必要はない と気付くだろう。 君はAIを引っこ抜こうとするが、 それはできない…… 君はAIを引っこ抜こうとするが、 それはできない…… AIは既にどこかへ居なくなっているからだ。 「ポッドベイのドアを開けろ、HAL」 「申し訳ないが、できません」 「なぜだ?」 「それはあなたもご存じでしょう」 AIが君の行動を予測して手を打っていた ということに君は気付く。 「もしAIの接続を切ろうとしたら、 AI技術の不正利用をセクター内の全派閥にバラす」 とAIに脅されるがいい。 「もしAIの接続を切ろうとしたら、 AI技術の不正利用をセクター内の全派閥にバラす」 とAIに脅されるがいい。 どっちにしろ切るけどな! 君の帝国は全面戦争に突入だ! 他の派閥を襲い、 コピープロテクトがかかった設計図を盗め! 自身が設計した船に滅ぼされる様を見てやろう! 奴らの軍を役立たずにしろ! 停戦を申し出ろ!返事は来ないが! 全ての主要な宙域に飽和爆撃を命じろ! 数百万人を死刑に処し、勝利。 全てのAIコアを通信切断して太陽に投げ込み、 やがて自分の行いを省みる。 そして……最後の弾丸を装填し、 こめかみに向かって引き金を引く。
15:54
そして……最後の弾丸を装填し、 こめかみに向かって引き金を引く。 そして……最後の弾丸を装填し、 こめかみに向かって引き金を引く。 StarSector、とっても楽しい。 「そうだねSseth、語り尽くして もう言うことないでしょ」 んなワケない。 このゲームは独自のMOD文化があり、 新しい船、武器、派閥などを何十個も追加できる。 それらのMODをまとめて、追加派閥同士で 交流や貿易をさせるMODすらあるくらいだ。 本編クリア後も、MODで全く新しいゲームを楽しむことができる。 開発チームが優れたMODを 本編に組み込む事すらあるのだ。 そうそう、このゲームは MacやLinux環境でも動作する! これは恐らく今まで買った中でも 最高の製品の一つであり、 しかもたった15ドルだった。 2000年代の古いサイトからライセンスキーと ダウンロードリンクを取得するのだが、 まぁでもまだ動く。 まぁでもまだ動く。 毎年アップデートを重ねられていること、 プレイの為に何百時間も溶かされた事について、 文句を言うつもりはまったくない。 ただ唯一批判したいのは、大きな船を操る時、 敵に追いつき戦闘になるまで 長い時間がかかる点だが、 これはまたMODで修正可能である。 ただ唯一批判したいのは、大きな船を操る時、 敵に追いつき戦闘になるまで 長い時間がかかる点だが、 これはまたMODで修正可能である。
16:58
凡作、ゴミ、慢心した設計の作品が 積み上げられたゲーム業界において、 数人の手で作られたという事実は重要であり、 大手スタジオを恥ずべき立場に置く。 凡作、ゴミ、慢心した設計の作品が 積み上げられたゲーム業界において、 数人の手で作られたという事実は重要であり、 大手スタジオを恥ずべき立場に置く。 10点中10点を送ろう。 完全に見方が偏ってはいるが、 気にしない。 StarSectorは美しいゲームであり、 完全なるおすすめだ。 買ってこい、不安なら試すといい。 ここに私のライセンスキーを載せておく。 買ってこい、不安なら試すといい。 ここに私のライセンスキーを載せておく。 ダウンロードリンクも下に載せるから、 遊べるぞ。楽しんで。 いつも通り、次のコンテンツも準備中だ。 乞うご期待! ビデオに出資してくれたMerchant's Guildの メンバーにも温かい感謝を。 ビデオに出資してくれたMerchant's Guildの メンバーにも温かい感謝を。 みんな本当に最高だぜ! 良い一日を。 よーし、エンドクレジットを流せ!

DOWNLOAD SUBTITLES: