WW2 - OverSimplified (Part 1)

WW2 - OverSimplified (Part 1)

SUBTITLE'S INFO:

Language: Japanese

Type: Robot

Number of phrases: 408

Number of words: 415

Number of symbols: 7170

DOWNLOAD SUBTITLES:

DOWNLOAD AUDIO AND VIDEO:

SUBTITLES:

Subtitles generated by robot
00:00
このビデオは、スキルシェアによって作ることが可能になりました。 チャーチルは色んな特技を持った人でした。 画家であり、蝶々を集めたり、宇宙人についての本などを書いていました。 彼はいろんな知識を求めた男だったのでしょう。 もしかしたらコンピューターにのって スキルシェアにログオンしていたかもしれません。 オンラインの勉強サイトであり、 ビジネス、デザイン、テクノロジーなどと、 19,000以上のコースがあります。 もしかしたらチャーチルはファッションにハマっていたかもしれません。 でも、どこから始めればよく分からない ー スキルシェアなら、ファッションの授業など 見つけたりしたかもしれません。 アプリのデザインを習いたかったり、 写真撮影で上達したかったり、 それともすっごい美味いケサディーヤを作りたいだけでも、 スキルシェアならいろんなコースが見つかったことでしょう。 スキルシェアなら上質なクラスが その科目のエキスパートが教えてくれます。 僕はアニメーションをよく使うが、 面白いアニメーションの授業の数に驚きました。 例えばこのクラスとか、 キャラクターの歩かせ方を習ったり。 一年契約を使えば、 スキルシェアは月10ドル以下です。 そしてただ試したいだけなら OverSimplified の特別価格があります。 ビデオ下のリンクを最初に
01:04
クリックする1000ユーザーは 最初の2ヶ月をたったの0.99ドルで 試すことができます。 新しい特技を習いたいなら、ビデオ下のリンクを見てみてください。 さあ、そろそろ始めよう ー 時は1902年。 ベニート・ムッソリーニという若者が兵役を避けるため イタリアからスイスへ移動します 社会主義に出会った彼は、 労働組合や、社会主義的な新聞社のために書いたり、 ヨーロッパの王族の暴力的な打倒を勧めたり、 色々していました。 もちろんスイス警察が見逃すわけがない。 だから彼は逮捕され、 イタリアに返され、 開放されたら、 スイスに戻り、 また逮捕されて (また)イタリアに返されて 避けていた兵役を完了します その後、短い間小学校教師として働きましたが また社会主義者として動き始めます。 彼の話術とジャーナリズムはイタリア社会主義者の間で有名になりました。 彼は戦争反対だったので イタリアがリビアを1910年に植民地化した時 彼はデモしました。 そしてもちろん逮捕されます。 すると第一次世界大戦がやってきて、 またイタリアが戦うことを反対しました。 すると、「ちょっと待てよ」と思います 「この戦争こそヨーロッパの王族たちを倒すための人々の不満が溜まり、 社会主義革命をいろんな国々におこらせるのではないか?」 いきなり彼は戦争賛成です
02:08
仲間の社会主義者たちはこれが気に入らなく、 党から追い出します。 そして彼は、「まあいいさ、 社会主義なんかどうでも良い。 新しい何かが必要なんだ。社会主義ではなく、 民族主義でイタリア人を統一させるんだ。 俺たちは地中海を征服し、 イタリアの人々をまた統一させるんだ ローマ帝国の時代のようにな。 これを「ファシズモ」と呼ぼう そしてこれこそイタリアに栄光をもたらすだろう。」 「ムッソリーニさん、それはともかく どんな髪型がいいんですか?」 「じゃあ・・・ ハゲ」 チャイコフスキー、「1812年」 イタリアは第一次世界大戦の勝者だったので 色々もらうことを期待していました。 でも結局は少ししかもらえず、騙された気分。 その上、悪い経済状態と、 弱い政府のせいで、イタリアの人々は少し不満を感じていました。 だからムッソリーニが現れて 「俺が全部直してやる!」と言った時 彼のファシズムは結構なサポートをもらいました。 1922年、彼はイタリア王と会い、「王様、俺を総理大臣にしろ。でなけりゃ、俺が俺を総理大臣にする」といいます そして王様は、「あんたと、どこの軍隊がそういってるんだ?」 「この軍隊さ。」 「ま、いっか」 その後彼は、自分を中心とした 独裁政権を建てました。 ヨーロッパの最初のファシスト独裁者です。 次は、ドイツ。
03:20
ドイツは敗者側で、 ヴェルサイユ条約で 完全にヤられました。 まず領土を失い、 ライン地域から兵を引かなければいけなく、 軍隊そのものを10万人に減らし、 空軍を禁じられ、 勝者たちに払えるはずもない莫大な金額を払わなければいけませんでした。 そして、全てのイギリス人が新たな権利を与えられました: すきな時にベルリンの中心地まで行き、 すきなドイツ人を選んで、 叩いてもいい。 最後のやつは嘘だけど、 ドイツ人の屈辱が分かりやすいでしょう。 その上、悪い経済と弱い政府が不満を溜めていました だから怒りっぽい、変なヒゲをもった男が現れて 「俺が全部直してやる!」と言ったら、 ドイツの人々はとても嬉しかったのです。 ヒトラーは第一次世界大戦中は兵士であり、 すっごい愛国者でした。 そしてドイツの屈辱を彼以上に感じたひとはいなかったでしょう。 彼は新しい党を挙げて、 1923年、 彼の野郎どもとミュンヘンでデモしました。 もちろん逮捕されます。 しかし彼の好評はますばかり、 そして1933年、大統領は彼を元首にします。 彼は自分をドイツの救世主と見ていて、 ものすごいエゴイストとなり、 自分を中心とした独裁政権を建てました そしてヨーロッパに第二の独裁者が現れました。 ヒトラーとムッソリーニは同じ考え方をしていたものの、 もっと重要なのは、
04:21
同じ敵がいたこと。 なので、仲がよくなりました 「他に友だちになりたい人? フランコは? いいの? 別にいいのね?」 「はーい」 「今のは誰だ?」 日本だ。 そして北中国を乗っ取ってる 少しだけ逆再生しよう ー 日本は200年近く鎖国していた そしてアメリカが、「俺たちと交渉しないと、痛い目にあうぜ」っていってきたんだ そしたら西洋国家がいろんな不平等条約を押しつけ、 日本の経済は最悪だった。 天然資源もなにもない。 だから、他人から盗ることにした。 朝鮮をもらうために中国と戦争して、 中国のものを色々ととった。 すると西洋が、「おい! やめろよ。」 そして西洋の国家と戦えるわけでもないから、 「じゃあ、そろそろ帰りますか ー ちょっと待てよ! 皆何やってるの?」 「弱った中国に自分達の権力をしのばせてるんだ」 「でも俺が中国を弱らせたんだ」 「うん」 「でも俺だけ何ももらってないじゃん」 「うん」 「全然公平じゃないじゃん!」 「そうかな?僕達はそう思わないけど じゃ、またね」 そして、一か八かの攻撃で、 日本はロシアと戦争し、 勝利して西洋を驚かせました。 朝鮮を植民地化したが、 そこでおわらなかった。 第一次世界大戦中に、ドイツの植民地を支配します。 そして、もしかして(多分)日本軍によって仕掛けられた事件で、 日本の汽車が満州地域で爆弾により破壊され、
05:26
日本は中国に侵攻する言い訳ができました。 いったん世界を見てみよう: ドイツ、イタリア、そして日本、 皆が自分たちを優秀な人種だと思い込み、 全員が欧米と敵対していて、 全員が他人のものを乗っ取りたい。 だからそうした。 まずはドイツ。 ヒトラーはヴェルサイユ条約が大っ嫌いで、 条約を破るつもりでした。 完全なる条約の違反として、 初めての空軍(Luftwaffe)部隊が設立され、 徴兵制が再開され、 そして軍隊をオシャレにしました。 連合国側は、何もしません。 ヒトラーはライン地域に軍隊を送り、 欧米軍が現れたら、すぐ撤退しろと命令しました。 連合国側は、何もしません。 軍隊が整ったところで、ヒトラーはステップ2を始められます。 アーリア人の人口を大幅に上げるつもりで、 その為には生活スペース(lebensraum)が必要でした 単純に、世界を支配しなければいけません。 でも、まあ、今のところはヨーロッパだけでもいいでしょう。 だから、近所たちを狙い始めます 連合国側はやっと気づいたので、 「宥和政策」というかなり弱い政策を挙げます そしてこんな感じです ヒトラーは、「これが欲しい」と言います そして連合国側は「いや、ヒトラー、それは取っちゃいけない ー よし、それはもらってもいいけど、これ以上はだめ!」 「これが欲しい」 そして繰り返し。 1938年、 ヒトラーの軍隊がオーストリアに侵攻して、
06:28
フツーに併合しました それも抵抗無しで。 ドーン これはドイツです。 次は、スデーテン地域、ドイツ人がたくさん住む チェコスロバキアのこの地域が欲しいと言い出しました。 連合国はミュンヘンでヒトラーと会い、 「ええっと、我々は君が欲しいものをー」 「ちょっとまてよ! これは僕の領土なんだから、僕も会議に入らせてもらってもいいんじゃない?」 「とにかく、我々は君が欲しいものをあげます。」 「ホント?」 「ああ」 「ホントのホント?」 「うん」 「で、俺は何すればいいの?」 「この、チェコスロバキアの他の地域に侵攻しない、ってところにサインして」 「いいよ」 そしてチェンバレンは祖国に帰り、ヒトラーがサインした紙切れを振り回し、 危機を回避したと皆に告げ、 世界平和を永遠に続かせ、 そして我々はチェンバレンの銅像をたて、 そして毎年9月30日に「チェンバレン記念日」を ー 「ヒトラーがチェコスロバキアに侵攻してる」 「え?」 「ヒトラーがチェコスロバキアに侵攻してるってば」 「そう 君、私に嘘ついたな。」 「言っとくけど 俺、ヒトラーだよ。」 ムッソリーニも、色々征服する気分でした だから、こう考えます: 「どっかに、まだ植民地化されていない場所はないか? 例えば、技術のレベルがすごい低くて、 人々が、俺たちの戦車に対して弓矢とか、木の槍を使う 場所なんてあるだろうか? あ、あったの? いいじゃん!」 そして、支配しました。 イタリアはアドリア海への入り口も支配したく、 アルバニアを占領します そして、新たにもしかして(多分)日本軍によって仕掛けられた事件で、
07:38
盧溝橋で中国軍と日本軍の間で銃火が交換された。 それを理由に、日本軍は新たな侵攻を初め、 北京、そして上海を通り、 揚子江を通して首都の南京を支配した。 南京では特に、中国人に対する日本の 残虐行為が大幅に行われた。 ヨーロッパでは、ドイツとイタリアが鋼鉄協約を結び、 本格的なトモダチとなった。 そしてヒトラーは、ポーランドと、 憎きポーランド回路に目を向けた。 連合国側は、もういい加減だと言い、 ポーランド侵攻を始めると、イギリスとフランスは宣戦布告する とヒトラーに伝えた。 ヒトラーは東の侵攻を続けるつもりだったが 東西両側で戦いたくなかったので、 今のところはスターリンと同盟を組むことにした。 「俺たち二人ともポーランドを攻撃して二等分すれば、 僕は絶対君を裏切らないことを多分しないことをしません。」 「えっと・・・ ・・・いいよ」 この同盟は西洋を驚かせます。 9月1日、1939年、 ドイツ兵がポーランドに侵攻し、 英国、フランスがドイツに宣戦布告。 ポーランドは激しく戦ったが、 両側から攻める二人の巨人には耐えられませんでした。 戦争の悪化を恐れた英国、フランスは何もしないで、 この時期は「まやかし戦争」といい、誰も何もしない時期でした。
08:47
フランス軍はサール地域に小さい攻撃を仕掛けたものの、 ほとんどの時は守備的なポジションを保って、 そして結局はくるりと半回転して帰ることにしました。 フランスは、 今でも第一次世界大戦の勝利を誇り高く思っていました それ以降、あまり進化していなかったのです まだ騎馬兵を使ったり、 伝達はラジオでなくバイクで送ったり、 上部からの命令もかなり適当で、 兵隊はよく検査されてなかった。 フランスはドイツ国境沿いを武装したものの、 海峡まで延ばすことを怠り、 そしてドイツが反撃するのを恐れ、 大砲など撃たなかったのだ。 戦争中なのに、 敵を攻撃したくなかったのだ。 最初は、英国もあまりよくなかった。 チェンバレンはまだ甘く、外交でこの戦争を解決できるのでは、と思っていた 爆弾を落とさずに、英国空軍はプロパガンダのチラシをドイツの街々に落とした。 ある空軍元帥は、これはヨーロッパ大陸の人々にトイレットペーパーを与える以外なんの効果も無い、 と推測した。 フランスは何百万という兵士を動かしたのに、 英国は僅か20万しかおくらなかった。 両国は第一次世界大戦を繰り返したくなく、 自分たちの領土から戦遠ざけたかったのだ だから、彼らは北に、 ノルウェーに目を向けた。 中立国スウェーデンが中立国ノルウェーを通して、ドイツに 鉄鉱石を輸出していた。 なので、連合国は鉄鉱石の輸出をやめてくださいと頼んだが、
09:51
これは却下された。 その時、ソ連がフィンランドを攻撃した。 だから、連合国は「そうだ、ノルウェーに軍隊をおいて、 スウェーデンを通ってフィンランドを助けに行こうじゃないか?」 (そのついでにもしかしたら鉄鋼鉱山ももらっちゃったりして) しかしノルウェーとスウェーデンはまた却下した。 それで、英国はノルウェー周辺の海域に水雷をまいて 輸送船が国際海域を通りざるを得ない状況にして、 周辺にいたドイツのタンカーを攻撃した。 ヒトラーは連合国の作戦に気づき、 鉄を守るため動きました。 まず、ドイツはデンマークを通してノルウェーに侵攻、 連合軍はノルウェーの海辺に兵を上げようとしたが、 ドイツはノルウェーの飛行場を取ったので、 制空権を持つドイツ空軍が決着をつけました。 連合軍は止むもなく撤退、 そしてこの屈辱的な失敗のあと、 チェンバレンは辞任します。 チャーチル首相が彼の代わりになりました。 もちろん、チャーチルは、ドイツに対して少しだけ違うアプローチをしていました。 ヒトラーの作戦の大体は第一次世界大戦と同じでした: フランスを攻撃、フランスを倒して英国を降伏させ、 ソ連を攻撃して戦争に勝利する。 「まやかし戦争」の間、連合国側はヒトラーに軍隊を準備するための時間を与えてしまったのです 今こそ、攻撃の準備が出来上がりました。 連合軍は兵力をベルギーに配置したかったものの、 ベルギーはこれに反対。 そして誰もが驚かなかった一撃で、 ヒトラーはフランスの要塞を避けるため、ベルギーに回り込みました。
10:52
連合軍はベルギーにフルスピードで突進していき、 ドイツ軍を突撃するつもりでした。 第一次世界大戦の繰り返しにも見えたが、 今回、ヒトラーは秘策がありました: 電撃戦(Blitzkrieg) ドイツ軍が侵攻する時、何千という難民を連合軍を邪魔するように 西に送りました。 そして、南には、 フランス軍は山々でいっぱいのアルデンヌの森を かなり弱く守っていた 何故なら、この難しい地形が自然にドイツ軍を止めると思ったのだ。 ドイツ軍はアルデンヌの森を全てを使って駆け抜けるつもりだった。 彼らは機甲師団を主とした50以上の部隊を突破させ、 連合軍を電撃のようなスピードで包囲した。 連合軍のほとんどが身動きをとれないなか、 ドイツ軍は全方向から押し詰めて、 フランス軍を潰し、 英国軍もやっつけるところだった。 しかし、最後の最後で英国軍は港町ダンケルクから英国本土へ撤退した 英国の漁船なども、危険を承知して、イギリスの若者たちを連れて帰るためにこの旅をしていた。 フランス軍のほとんどが潰されたところで、 ドイツ軍は楽勝して、 パリは取られ、フランスは降伏した。 ドイツが第一次世界大戦で出来なかったことを、 ヒトラーが成し遂げたのだった。 ヒトラーは、フランスの降伏により、 イギリスも失望して講和することを願っていたが、 それは起きなかった。 ヒトラーは西戦線を確保しねばなかったので、 彼はマインドゲームを使い、 降伏させようとした。 イギリスはもう一人ぼっちで、ヒトラーはこの事実を押し付けたかった
11:55
フランスが降伏する寸前に、 イタリアはイギリスに宣戦布告し、 イギリスの無力さを知らせようとした。 さらに、フランス全土を支配せずに、 海岸沿いだけを防衛のために支配して、 フランスをドイツの操り国家として存続することを許した。 これで、イギリスの親友が彼らを捨て、ドイツ側についたようにみえたのだ。 ヒトラーはさらに、 イギリスがフランスのアフリカにある海軍基地や植民地を攻撃しないことを期待していた その際、フランスの植民地は南に新たな防衛線を作るはずだった。 イギリスは対して、アルジェリアにあるフランスの海軍基地まで行って 船をたくさんヤッてやった。 ざまあみろ。 ヒトラーはイギリス本土の上陸作戦を立てはじめた ドイツ兵が本土に上陸する前に、イギリス海峡の制海権と制空権を手に入れなければなかった。 ドイツ兵が本土に上陸する前に、イギリス海峡の制海権と制空権を手に入れなければなかった。 完全に数では負けているイギリス空軍は一日中、 ドイツ空軍に制空権を渡さないため、ドイツ爆撃機の 波を何回も弾き返そうとした。 ドイツ空軍は最初に、イギリスの港などを攻撃し、 次には空軍基地を攻撃して、 イギリス空軍の力を大きく削り取った。 ヒトラーのイギリス上陸も目の当たりだった。 その時、チャーチルは小さい、かなり無効果な、ベルリン空襲を命令した。 ダメージは少なかったが、 ヒトラーは激怒、 ドイツ空軍に、すぐさまターゲットをロンドンと
12:55
ロンドンの市民たちに変えることを命令した。 子供達は、親から離されて、 空襲から逃れるため 田舎に送られた。 シェルターへの避難も毎日の出来事になった。 しかし、イギリスの士気は下がらなかった 笑ったり、編んだり、ゴロゴロ寝転がったり、 本当にデカいタマを持っている人々だ。 ヒトラーの命令は、イギリス空軍に 再装備する時間も与えた。 だから、ヒトラーも自分の足を撃ったようだ 今のところは、足だけ。 ドイツ空軍は、最後に最大の、一か八かの空襲をロンドンに向けたが、 イギリス空軍が勝利して、 ドイツの航空機をたくさん破壊し、 制空権をイギリスの手の内に置いた。 ヒトラーの上陸作戦は一時停止となったが、 イギリスの街の爆撃はその後も続いた。

DOWNLOAD SUBTITLES: