Suez Crisis Part 2 of 2

Suez Crisis Part 2 of 2

SUBTITLE'S INFO:

Language: Japanese

Type: Robot

Number of phrases: 118

Number of words: 235

Number of symbols: 3348

DOWNLOAD SUBTITLES:

DOWNLOAD AUDIO AND VIDEO:

SUBTITLES:

Subtitles generated by robot
00:01
1956年7月 エジプトのナセル大統領は スエズ運河会社の国有化を宣言した エジプトがヨーロッパとアジアを結ぶ重要航路を 手にした影響はすぐに現れた 英仏はその経済を 運河を通って来る 中東の石油に依存していた 英仏にとってはナセルが脅威に思えた― ―アラブ世界を反英仏で団結させ、 中東と北アフリカにおける英仏の勢力を滅ぼし スエズ運河を英仏に対する武器として 使う独裁者である イギリスとフランスは秘密裡に エジプトの政権を交代させることで合意した ナセルを失脚させ 大国の威信を取り戻すための 合同軍事介入である 4.「1956年10月は史上最も狂気に満ちていた」 (イスラエル国防省シモン・ペレス局長)
01:24
しかし エジプトを最初に攻撃したのは 英仏ではなく― イスラエルであった 10月29日 イスラエル軍空挺部隊が エジプトのシナイ半島に降下した 要衝のミトラ峠を占領して 地上部隊侵攻の足がかりを作った イスラエルは国連で これはパレスチナの戦士 フェダイーンの襲撃に対する自衛行為であり ガザとシナイ半島に敵の拠点があると主張した 「……シナイの荒野から殺戮と破壊をもたらす 彼らの拠点を排除するため、我が国は……」 しかしシナイ半島にフェダイーンの拠点は無かった 英仏は国際社会を代表して 双方に最後通牒を発した 「12時間以内に戦闘を停止し、 スエズ運河周辺10マイル以内から撤退すること」 「さもなければ強硬手段にでる」
02:38
事実上エジプトに対して シナイ半島とスエズ運河の放棄を迫るものだった イスラエルは通牒に同意し ナセルは拒否した そして10月31日 英仏の航空機が地中海の空母と キプロス マルタの基地から発進し― エジプトの飛行場 防空施設 インフラを空爆した しかしこの出来事には裏があった イスラエル首相ダヴィド・ベン=グリオンは 何ヶ月も前からエジプト攻撃を計画していた 背景にはタカ派のイスラエル軍参謀総長 モシェ・ダヤンの主張があった 他のアラブ国家と同じく ナセルは 新生ユダヤ国家を正式に認めていなかった そして チェコスロヴァキアからの兵器購入により エジプトはイスラエル生存の脅威と認識されていた さらにイスラエルは 封鎖されているチラン海峡の奪還も計画していた
04:01
エジプト軍に海峡を封鎖されたイスラエルは 紅海へ進出できず 貿易に支障が出ていた フランスはイスラエルと 手を組んでナセルを倒そうとした しかしイギリス首相イーデンは 自国が侵略者と見なされることを恐れた そこでフランスが一計を案じる (10月22日~24日) パリ近郊のセーヴルにて英仏イスラエルの代表が 秘密裡に面会し 戦争計画を話し合った 1、イスラエルがエジプトに侵攻する 2、英仏は和平の仲介者を演じて イスラエルだけが呑める内容の最後通牒を出す 3、そして運河の安全確保のためと称して 英仏軍がエジプトに侵攻してナセルを失脚させる だがナセルを排除した後の計画は 決まっていなかった この陰謀の詳細が明らかになるまでには 長い年月を要した 11月5日 1週間の空爆の後 シナイ半島でのイスラエル軍の勝利に合わせて―
05:20
英仏軍の空挺部隊がスエズ運河の河口 ポートサイドとポートフアドに降下した 降下した部隊はエジプトの飛行場とインフラ施設を 速やかに占領した 翌朝 空爆と艦砲射撃の支援の下 英仏軍が上陸を開始する 激しい市街戦が1日中続いた しかしエジプト側は火力で圧倒され 戦いは一方的な展開となった 約600人のエジプト軍兵士と警察官が戦死した 英仏軍の戦死者は26人に留まった 最大の犠牲者はエジプト市民であった 1000人以上が死亡し さらに多くの人々が砲爆撃で家を失った その日の暮れには英仏軍が一帯を制圧した しかしエジプト側は スエズ運河自体への破壊工作で抵抗する 運河の狭まった所に船を沈めて航路を塞ぎ 数ヶ月間通行不能にした
07:06
5.「アラブが孤立することはない!」 (ソ連書記長フルシチョフ) 英仏イスラエルが繋がっていることは 明らかであった そして国連の場で3国に対する 国際世論の非難が一気に高まった この時アメリカとソ連が手を組んで 共にこの非難に加わった 激情的なソ連書記長フルシチョフは パリとロンドンへのミサイル攻撃すら示唆した アイゼンハワー大統領は侵攻に 道義的 法的な正当性は無いと考えており― 同盟国イギリスが裏で姑息な手段を とったことに憤っていた 「英仏両政府は、イスラエルとエジプトに 12時間期限の最後通牒を出し― それに引き続いて今や エジプトへの軍事攻撃を始めた」 「合衆国はこの行動のいかなる局面に関する協議も― 事前通告も受けていない」 「このような決定と行動をとる明白な権利が 彼の国々にあるのと同様、我々にも権利がある
08:19
その判断が独裁的と言われても― 国際紛争解決のための適切ないし賢明な手段として 武力を使うことを認めない権利がある」 アイゼンハワーはこの時 ソ連軍の弾圧を受けていた ハンガリー蜂起に世界の関心が向くことを望んでいた 「ハンガリー革命」(1956年) しかし英仏の軽率な介入がむしろアラブ諸国を ソ連側に接近させようとしていた 国連安保理で 英仏はイスラエルの軍事行動と 両国の介入への非難決議に対して拒否権を行使した しかしその攻撃に二大超大国が立ちはだかった 国連総会での決議を行ない 制裁をちらつかせた 英国経済はスエズ危機以前から衰退していた そして今 市場では英国通貨の下落と 経済危機への不安が高まっていた
09:39
「ポンド売り」 国際通貨基金(IMF)からの融資が唯一の望みだった しかしアイゼンハワーは 国連管理下の停戦に イギリスが応じるまでIMFの援助を停止させた 国内外や政府内部からも批判に晒されたイーデンに 残された手段はほとんど無かった エジプト上陸から僅か2日後 英軍に停戦命令が下った イギリスに見捨てられた形のフランスも 追従するしかなかった 数日の内に初の国連PKO活動が始まった 国連所属のデンマーク軍がエジプトに到着し 英仏の後を引き継いだ 「第一次国際連合緊急軍」 部隊は荷物をまとめて揚陸艦に 乗り込み帰国の途に就いた 表向きは「ご苦労様でした」という形だが 実態は恥ずべき大失敗であった 無計画な政治指導と はっきりしない軍事目的
11:03
そして国際的圧力が高まるやいなや  イギリスは作戦を中止するしかなくなった 同年冬 アメリカの圧力を受けたイスラエルも シナイ半島から撤退した 6.「何年も悔み続けるであろう 悲劇的な結果を招いた破滅的な愚行」 (ヒュー・ゲイツケル労働党党首) スエズ危機により 今や英仏は二流国となった これ以後 国際社会で行動する時には アメリカの意向に配慮しなければならなくなった イギリスは アメリカとの「特別な関係」を 危うくしてはならないという教訓を得た フランスは 英米は同盟国として 当てにできないという教訓を得た そしてヨーロッパ諸国との関係強化に努める イスラエルは チラン海峡封鎖の終了など 一部の目標を達成した しかしナセル政権は倒れず イスラエルと エジプト他アラブ諸国との再戦は確実だった
12:25
シナイ戦争は10年後に勃発する 六日戦争(第三次中東戦争)の前兆となった 英首相イーデンはキャリアを台無しにして 健康も害し辞任した しかし辞任前 イスラエルとの密約に関して 議会に虚偽の証言をしていた 「……後任の幸運を祈ります」 ナセル大統領は ヨーロッパの帝国主義者に 立ち向かったアラブの英雄として称えられた 実際はアメリカと国連の介入のおかげであった しかし 近代化改革とアラブ主義擁護 そして外国の介入に抵抗する姿勢により― ナセルは現在も中東のアラブ人から 尊崇の念を集めている 1970年9月28日 職務中に死去 享年52 スエズ危機はアメリカに最も影響を与えた アラブ諸国に対する威信が地に落ちた英仏に代わり
13:48
アメリカが中東での対ソ戦略と 西側の石油の安全確保を主導することになった アイゼンハワー・ドクトリン スエズ危機によって アメリカは この不安定な地域への関与を深めていく その結果は21世紀まで引きずることになる パトロンになって頂くと、新着動画の早期アクセスや 次回テーマへの投票権などの特典が得られます どのような援助でも当チャンネルの 歴史動画製作の大きな助けになります ご視聴ありがとうございました

DOWNLOAD SUBTITLES: