Why Alien Life Would be our Doom - The Great Filter

Why Alien Life Would be our Doom - The Great Filter

SUBTITLE'S INFO:

Language: Japanese

Type: Robot

Number of phrases: 126

Number of words: 231

Number of symbols: 2753

DOWNLOAD SUBTITLES:

DOWNLOAD AUDIO AND VIDEO:

SUBTITLES:

Subtitles generated by robot
00:00
NASAが地球外生命体を発見したと 発表したとしたら 火星のバクテリアとか エウロパの海の ヘンテコな魚とか タイタンの古代宇宙人の 遺跡とか 素敵じゃないか? いや じつは恐ろしい ニュースかもしれない 人類の終末が確実で、 すぐにでも やって来るかもしれないのだから 一生の大発見がどうして そんなに悪い ニュースなのか? 生命の始まりから現在までを、 ひと続きの階段だと考えてみよう 最初のステップは、分子が自己複製する パターンへと自らを組み立てることだ 安定していて復元力があるが、 変化もできる必要がある 次のステップは、原始的な生命へと 複雑化する段階だ 構造は複雑化し、 エネルギー利用も効率的になる 次の段階は、多細胞生物となり、 驚くべき多様性を実現する段階 そしてついに大きな脳を 進化させ
01:17
道具や文化を使い情報を共有して、 さらなる複雑さを生み出す段階 その種はいまや万物の霊長となり 自分たちの必要のために惑星を改造できる 惑星からの離昇も やりとげた 我々は今この段階だ 知られている限り、すべての ニッチは生命でうまっている 惑星上の空間は限られていて、 寿命も有限であり 生き続けたいなら、いずれは 外に場所を見つけなくては なので次の段階は 必然的に 自分たちの惑星系に植民し、 さらに別の恒星に広がってゆき あり得べき最後の段階は、 銀河規模の文明だ どこから発生したかに関係なく、 これが文明の普遍的原理だろう 気概があって惑星を支配した種は、 そこで立ち止まらないだろう 我々の銀河には五千億の惑星が あり、地球型惑星も百億以上ある 地球より何十億年も古い星が たくさんある
02:26
なのに、銀河規模の文明は 見当たらない 何か見えてもいいはずなのに 何も見えない 宇宙は空っぽで 死んでるようだ 我々より先の階梯に進むことを 何かが邪魔している 銀河文明になることは極度に難しく、 もしかすると不可能なのかもしれない これがグレートフィルターで 乗り越えることが難しいため そこに突き当たった種は ほぼ排除されてしまう 2つのシナリオがあって 一つめなら人類は特別幸運であり、 もう一方なら絶望的だ それはフィルターが どこにあるかによる 我々の後ろか前か? シナリオ1: フィルターは我々の後ろにあり、 克服したのは我々が初めて 我々が超えた段階がほとんど 克服不可能であったケースだ どのステップだろう? 生命そのものが極端に レアなんだろうか?
03:36
モノから生命が発生することが どの程度ありがちなのかは分からない コンセンサスはない 条件さえ整えばどこにでも生命は 発生すると考える学者もいるし 全宇宙で地球が唯一かも しれないと考える学者もいる 他の候補としては、多細胞生物への 段階こそそれなのかもしれない 知る限りではたしかに 一度は起こったのだ 原始的な捕食細胞が 別の細胞を飲み込んだが、 破壊するかわりに 共生体を形成した 大きい方の細胞は環境と 相互作用するための避難所を提供し 小さい方の細胞はエネルギー 供給に特化した 余分のエネルギーを得て宿主細胞は 以前より大きくなって 高価な装備を作り、寄生体の方は 細胞の動力室となった これがすべての 動物を可能にした 我々の銀河にバクテリアは たくさんいても 我々以外にこんなに複雑な ものはいないのかもしれない
04:45
クロスワードパズルや恋愛小説など 我々は知性を高く評価するが 大きな脳はまずもって 大変高価な先行投資だ 熊との殴り合いには役立たずだし、 エネルギー的にも高くつく 現生人類が、尖った棒から 文明までたどり着くのに 20万年もかかった。頭が良くても 自動的に勝者になれるわけじゃない 知能が我々に役立つように なったのはただの幸運かもしれないのだ シナリオ2: フィルターが 我々の先にあるケース この場合、すでに先行して 滅んだものがたくさんいる これから直面するフィルターは 今までに出会った何よりも何桁も危険だ 大災害で人類の大部分が死滅するか 何千年も後退するとしても もし生き延びて回復できるなら、 たとえ百万年かかったとしても それはグレートフィルター ではなく やがて来る銀河文明への 障害物にすぎない 宇宙の時間尺度では 何百万年もまたたく間だ
05:52
もし我々の行く手にグレート フィルターが立ち塞がっているなら それは本当に破滅的で、 銀河の進んだ文明のほとんどが 何億年に渡って破壊される 規模のはずだ 本当に気が滅入る仮説は 種がひとたび惑星を制御できる ようになった時には すでに自滅への道にいる、 というものだ 科学技術は自滅に つながりやすい それはすべての文明が 発見するほど明白で 存在の根幹をゆるがす 破局につながるような 危険な何かに違いない 全面核戦争か ナノテクノロジーの暴走 遺伝子工学産の 無敵生物 大気全体に点火してしまう 危険な実験 意図的か偶然か、 作り手を破壊する超AIなど 今はまだ見えない脅威だ あるいは、惑星を征服 するほど激しい競争では 資源を奪い合う過程で必然的に 惑星を破壊してしまうのかもしれない
07:01
どの生態系にも、一度始まると 修復できない 暴走的な 連鎖反応があって 文明が大気の組成を いじれるほど強力になると 100%惑星を住めなく してしまうのかもしれない 我々の前方にフィルターが あるケースでないよう祈ろう これが我々の望みだ これが、地球外に生命を発見 することが恐ろしい理由だ 宇宙に生命が普遍的であるほど そしてそれが複雑であるほど フィルターは我々の前方にある 可能性が高くなる 細菌ですら悪く、動物ならより悪く 知的生命なら大騒ぎだし 古代異星文明の廃墟なら 戦慄すべきだ いちばんいいのは 火星が無菌で エウロパに生命がなく 銀河じゅうに空っぽの海と 死んだ陸地しかなく 発見され生き物で満たすことのできる 空っぽの惑星ばかりが何億個もあればいい
08:10
私たちの到着を待っている 何億の新しい故郷が 我々に似た生命が地球外で 見つかる見込みは どれだけの惑星が居住可能領域 にあるかにかかっている 恒星の周囲で水が液体 として存在できる領域だ 恒星にはさまざまな サイズや配置があり このゾーンは星系によって異なり、 算出するには物理学が必要だ これが楽しそうに聞こえたら、ブリリアント からのクイズが計算を助けてくれる ブリリアントは問題を解きながら科学者のように 考える方法を教える問題解決型のウェブサイトだ 問題を小さなサイズに還元し それぞれのパートで考えを明瞭にすることで 興味深い結論に至る手助けをする brilliant.org/nutshell を訪れて無料サインアップ さまざまなことを無料で学ぼう Kurzgesagt 視聴者へのボーナスとして 先着688名に入会金20%オフ
09:22
もし他の惑星に生命を見つけても しばらくそっとしておいた方が賢明だろう

DOWNLOAD SUBTITLES: