REDと学ぶ 板金修理 前編パテ盛り

REDと学ぶ 板金修理 前編パテ盛り

SUBTITLE'S INFO:

Language: Japanese

Type: Robot

Number of phrases: 264

Number of words: 276

Number of symbols: 6311

DOWNLOAD SUBTITLES:

DOWNLOAD AUDIO AND VIDEO:

SUBTITLES:

Subtitles generated by robot
00:00
[音楽] goo ああああああ アクセこんにちはこんにちは今日はよろしくお願いますよろしくお願いします 今回はパテを盛ってそれを成形してというところです一番この凹みを直すところで重要 な部分っていうのかな 手間がかかりますけれども仕上げに一番影響するところですよまずどういう工程から 入っていけばいいんですかパテは 使い方によって3種類種類がありますこれが までの種類ですかそうですね代表的なものを一番3つ持ってきてますけれどもこれは
00:31
塗料メーカーによっていろいろなものがありますたまたまは家で使っている塗料 メーカーのものでこちら側から厚付けタイプですね でこれが阿蘇付けは出来ないんだけれども整形に向いている正規 余裕いわゆる中間と呼ばれるパテですでこれが仕上げ用のパテプロはあの厚付けはでき ないんですけれどもキメが細かくてすごい伸びるので最後のコキつと傘なを消すために 使うものでこの際種類のパテで凹みの状態で合わせて使っていくんですけれども 前回やったこのくらいのへこみでしたらこの厚付けばほとんど入らないですね
01:02
で取れるのカタログにどのぐらいの厚さが漏れるよっていうのが書いてあるんです けれどもこれはもう1センチぐらいの凹みに対応するパターンなので今回成長ほどの 凹みがないので本当数ミリに3ミリですからもうこの中間からで十分 ちなみにこれは何ですよ3駅型と呼ばれるパテで主剤と硬化剤できているの硬化剤を 入れて固めるタイプのパティ 取材だけでは固まらないとかたまらないですねこいつを混ぜてそう 入れ過ぎちゃう少なすぎても入れすぎてもトラブルが起きますつくないといつまでたっ てもパテが固まらないし逆に入れ
01:35
すぎるともちろん家剥がれたりあとはこれは実は参加政府腰です帯びているのでその人 たちの鉄板がしゃべるというトラブルが出てくるそれのことがからですまあその期間的 でもう半年とか1年とか長い期間の先の話ですけど上の板金塗装デュアル はやはりその辺の後々の保証までも含めてということなので でこれは実は3%から5%の範囲内っていうのを起点に決められてますままであの 早く固まれって思って結構多めにあったことがあるのでそこはちょっともちろん気を
02:06
付けた方がいいですよねああそうしないと入れすぎると確かに固まるのも早くなるん ですけど後々の剥がれと変わるとかのトラブルの原因にもなるのでやっぱり規定 量でやるのが基本ですじゃあの今回はこの中間パテーから入っていきますけれどもここ の部分守るには実はこの塗膜のようには基本的に当てが乗りませんので先生彼はグラ えっええ塗装の幕ですまあ 訳して細くか幕ですねもう読んだけどな ですから今回この歪みがあるところをこの塗装
02:37
8キロはいでいきますそれで処理をしてこの盾を持っていくという段階になりますじゃ ビーズで今 か状態でパンって思っちゃうとじゃないんです ちゃんと汗付と言うんですけれどもちゃんたのペーパーで傷をつけて ラジオ作ってやればこの仕上げパテば守れますこれは 薄づけのパテなので塗膜の上でもそのまま アシラ狩りができるので使えるんですが中間パテ板金パテは塗膜の上だと 足がかりが弱いので後々剥がれうる原因になるの で特にこの板金パでこれは鉄板の上にもルっていうのが前提のパテですてパンのウェイ
03:13
鉄板の上でせずもう直接もこれはまぁどっ鉄板の上でも塗膜の上ナム どちらでも基本的には使えるとじゃあ120があるがオールマイティってわけではない んです 大丈夫ですねただこれでもどうしても小さな巣穴ができるので 召し上げパターンがある方がですこれでジャイロはい出来ます でこういったようなサンダーで粗めのペーパーですねこれはちなみに60番の付いて ます あのペーパー番手が60120 180240という風に色々数字があって数字が増えるほどだんだん細くなっています
03:46
これはかなりザラザラ山してませんこれでも一気に塗装はいですよ 洗いペーパー デ杯だ方がパネルに熱をあたりにくるので細かいとやっぱりでずっとやっていると パネル自体が今度は滅帯びてきて先ほど 罰金の所でいいましたけれども今の鉄板薄くなっているので伸びというトラブルの原因 になります だから粗めのペーパーで熱を持たないように一気に剥がしてしまう そういう 細かいこともありませんねただのこの作業はどうしてもこのが出てくるのでこの取るの
04:19
うまく塗料の元っていうのは体に有害な物質も含んでいるのでここで必ず防塵マスクを 着用してその粉を吸い込まないようにしてやっ作業していきます装備をしていきます はい 今回使う明日はですね私が今まで使っている 一番ねーしっかりしています二見です や様のじゃないですよ じゃあ実際にこの色範囲で街路ハムのはこの歪みがある範囲なのであまりで各ハグと パテも大きくなってしまうので 前回印を付けたこのくらいの範囲で入るいきます
04:51
前回これ叩き直したことですよねそうですね3段の基本的な使い方は ベタっと当てた状態から10度から15度ぐらい 傾けてこの外周のところを使うのが結婚ですこういうふうに当ててあとは回転はあまり 早過ぎるとやっぱり摩擦熱で撤廃熱を与えちゃうので 止まらない程度のそうこれ難しいんだけどまぁだいたいかな このぐらいでで当てて柔道から15とぐらい傾けて基本的に引くときに力を入れるって
05:24
言うのが基本 全米は出るのではなく稼働を当てるかですねーか 小ラーメン終わってるんですねあのさん 店によって全面覚えたと当てて使うものもありますけれども この iroha 気に関しては少し角度をつけて行ったほうが効果的ですであてって 回したらそのまま引くというか ことの感じで多分どこで作ってるかがわかると思うんですけど [音楽] ああああああ こんな感じで入りいくというくんですねでこれは実際こうが全部工程パーを出して
06:06
しまう 作業ないですせっかく正確なのでいいですかはいどうぞ なかなか 普段やってるけどおふくろの上の前でやるのは怖いです はぁっ [拍手] 甘いですもうちょっと行ったほうがいいですいや大丈夫ですこれぐらいですねこれが 偉大です国交のところだけもうちょっと立ててこれを感じに入っちゃってもらってあの 子のちょっこし残っちゃったとかこのちょっとクロスってあるけど
06:43
さて路サッカーちょっとああっ はいバーン お弁当大丈夫ですね それぞれいよいよここで立森ですかまだもう一段階あるんですパって行く前 フェザリングという作業なんですけどピザ えってぃんぐあのフェザ一ングっていうのはの鳥の羽ですあの子の塗膜鉄板から塗膜 までのところ鳥の羽みたいにこのなだらかにしているっていう最近 はい
07:16
このままだとどうしてもここを境目に段差があるのでパテを盛ってもその葉パテの境目 が後で出てきた可能性があればそれをなるべくなくすために 鉄板からこの一番上の塗膜までをなど中に大体この幅が10ミリから20ミリぐらい 住民 塗りぐらいになるように頭上になだらかにしてやるという作業がありましまこれは見た 感じなん 1ミリもいいっていうえっとこれはあの子の鉄板から一番上の塗膜までなので78ミリ あるかな
07:48
こっちは10ミリぐらいありますねだこれをもうちょっと広げてやる感じですはいこれ はなるべく広い方が後々のその境目が出にくい 出にくくなるのでなるべく広くしてよ ただちゃんまりでかくするとほとんどパティが大きくなっちゃうので最初最小限で準備 で金20ミリくらいところ ただのしたがこのプレスラインのところはどうしても作れないのでここはもプレス ラインのところで止めるとこのプレスライン海よりも下に傷をつけちゃうと今度はここ をパテ整形しなきゃいけなくなるので
08:20
下はプレサライのところでこの横ば10ミリから20ミリぐらいで広げてそれではこの ボラットんサンダーを使います もう 今度は同部ダブルですね振るとスイングのどう使い分けたりとシングルというのは 検索力は強いんだけれども団がつきます ダブルアクションっていうのはパットが全体にこういう英語通しながらさらに細かい 運動するのでこういう風な動きをしています なので広い面をなった歪み削ることがです
08:50
新宮アクションがただ回転でダブルアクションは回転と大回転 小さい回転と大きな回転でこういうふうに20で帰っていればいいぜななのでこのだ ブラックさあを使うとこういうことよ あのかなあの グーン 小さい動きをしながらを全体がもう何これで 会等に傷れるのでこれでこの周囲のところだけを先言った10ミリから20ミリぐらい になるように削っていく じゃあこれでいい [音楽]
09:29
[拍手] [音楽] はいだいたいこんなもんですかねそれが weather エッジ入っ これはの何回も塗装しているパネルなので実は何層にもなってて 7そうフライになってるからになってるんで普通は山荘カヨンソぐらいしかないね かなりこれはねあの塗装の練習に使っているパネルなの対象に使ったのは60番手今 使ったのは逆に近くに十分ですよ
10:08
これはダイアの実は人によって使う番手が若干違います80番とか240番を使う人も います たまたまがこう120番というのを使ってるだけですだいたいその間ぐらいのという ことってこれでぺ際ティングの方は終わりましたのでパテを盛っていくんですけれども このままだとまだ表面のゴミとか今削った粉とかがついてってやっぱりそれも後々パテ のとバブルの原因になるので だし いう作業が入ります要するに出し剤を使って脂分ゴミを取り除いていくと
10:42
いう作業ですねだして剤を染み込ませてこのまま ちょっと多いです スポーツクリーナーとかでも大丈夫なんかパーツクリーナーでも大丈夫ないですただの パーツクリーナーは速乾性のほうがいいかもしれないですね か理由が遅いと結局そのパスクリーナーが後々やっぱりいたずらをするので速乾性で すぐ買われてしまう方のほうがいいんだこれでもあの基本的にもここは綺麗なた状態な のでなるべく触らないようにしてパテ森の方に で今回はあの凹みが小さいのでもう中間パテから行けますので
11:15
中間パテからという中間パテは基本的にこのフェ際ちん子すべて大ような範囲この範囲 で持っていくということです はいでは次は何をすんですかはいじゃあ実際にパテを計量していきます でパテは今回は中華 貼ってですねこちらのものを使います でこれで計量していくんですけれども今回の大きさだとだいたい20グラムぐらいあれ ば十分なので 第て20g くらい取り出してそれに対して正確な3%から5%という
11:45
平衡化剤の量を測っていきます実は目見当でもできますだいたいゴルフボール1個に パチンコ玉1個ぐらいがだいたい適量でどこの塗料メーカーにも書いてあるんですけど 硬化剤を混ぜると大体こんな感じの色になりも ますよっていうのがあるんですけどねじゃあまず取材の方を少し取り出します はい少ないですけどまぁ枚に少し残ってますから来なくも見越してこれに対して だいたい5%の硬化剤ということなので これで先ほどの会
12:17
18g ぐらいに出して0.9g の5%ぐらいっていうのがもこのデータ出てきたの これがゼロになるまで効果座技れる tpp っていうのはそういうアレなんそうです もう近いよということでこれがぴったりになると止まりますこれもこういうパテでも 使えるので これで実際に硬化剤を 奈良 1階ですねはいだこれを混ぜていけますで混ぜるのはもう混ぜた時点から効果が始まる のでなるべく時間をかけつに短時間に なおかず空気を巻き込むと後々すら乗ってトラブルの原因があるのでこれを手早く
12:56
一気に混ぜですマークいうわけですね原発は大界全体になじませた後 こういう兵らの動きをして混ぜています 映るかなん これは時間の将軍ね なんとか 授業は多いですよねあの盾に行ってもいないのでえっ 1回で終了ですね空気が湾フェリーク今まだかな そうですねこう言ってひっくり返して伸ばす さらにこう言ってひっくり返して逃すとこれの繰り返しです
13:39
だんだん上に上がっていくので上がったらまた戻してと で混ぜ終わったのは分厚くボコッとしておくと化学反応でどんどん固まってちゃうので なるべく平たくしといた方が長持ちします じゃあこれでまずパテ付けはしごき酒といって密着を上げるためと凹み歪みを判断する ために最初にうスープヘラを立ててムっています この状態で薄く塗ることによってパテの密着があるのですねそしたら実際にを 立てて薄く刷り込む感じであとは次に持って行くともう端っこに無事分ちょっとつけ
14:10
たらもうフルスって伸ばすという感じで これの繰り返しです ポイントあるんですかあの 周囲はなるべくスークなるように というのが適正に段差があると説いているときに周りがへこんでしまうので様子見 4運転はすべて薄くなるようになおかつ後この ヘラ枕って言うんですけど持った時のこの段差ですよね これがなるべく少なくなりますよ
14:38
思っているのがずっと言えばことですねである程度思ったらもう最後にも始まりました 音鳴らしていくんだとどうしてもこういう風に一方的に持っているとこのをは力はって いうのが熱く始まり口を拭くなって終わりキャラが薄くなってくるので最後に開始で ラって言って反対側から 思ったら ません私がちゃんもだもだしてるそれではダメ場所 今度くらいでね もうちょっと塊だしてしまって鬼灯は phone spy まとめた方は辞めたほう がいい3ボスもそうなっちゃったらもうそれいじらないをベスひどくなる一方なので
15:11
それだったらもう諦めて乾かしてざっとといいでもう一回持っん 実はた体っていうのは夏よ春秋を冬用って半数にあるん 1種類の刃なるんですよで今たまたま口が開いているのが不要だったのであの犬が低い 時用のやつなんです ちょうど今の時期だと微妙な時期ない普通の働きはだったらもう少し後に3分は ゾーンで待ってると15分くらいかかりますあとはちょっとヒーターで加熱して5分 ぐらい
15:43
立というのはだいたいその塗料メーカーによって指定されているんですけど 加熱の温度っていうのは決まってますだいたい40度から60度ぐらい じゃあ40から60度ぐらいってどのぐらいなのかっていうと触れるぐらいです からちょっと透明にヒーターを開けてその周りが触れるぐらいの温度じゃないとそれを 加熱すると今度はぼれ我はバキって言うんだけどあのブクブク 高下て発表した状態になっちゃうそうするともう閉じるときにそこからボソっと取れ ちゃうので だいたいも触れるくらいの
16:15
だけ暑いと思ったらもう空温めすぎて温めすぎですね特にあの高張力鋼板今のパネル 薄くなっているので加熱すると鉄板っていうのは伸びるという性質があります でも立っていうのは加熱をすると収縮するっていう性質があります 当然伸びるものに対して収縮するわけですから下手するとそのパテの収縮力でこの パネルがまた 歪んじゃうことがあります そんなことがあります だからだいたい前一般的な40とか60度ぐらいでお産でいる
16:46
ちょっと触って穴触れるかなぐらいまあねまぁもしあればなんだけどコーヒー色の温度 計があるのでそういうので測って温度完了するのもいいい 今これヒート当ててる状態ですね 猫の今 手に持ってるのは何ですか非接触の温度計です 温度計アのレーザー光が出てこれでここのところのあの温度を測るやつですね そんな便利な商品もあるんですね今この辺を測りますと だいたい40部ないと思う これが40度から60度ぐらいが本当はパテを盛っていくようですね
17:22
時間タフトもう少しわかると思うんでたぶんこのぐらいが丁度いいと思います これがベストのそうですね goo でこのプラサフは硬化剤が10%って決まっているので10%を受けるしていきます [音楽] ございません [音楽] [拍手] [音楽]

DOWNLOAD SUBTITLES: